今日は初心者さんがブログを書く時に気を付けたいことのお話。

 

前回は文章力を鍛えたい人のために3つのポイントをお伝えしました。

 

 

heartwarminglife.hatenablog.com

読者の皆さまの反響が大きかったので、

引き続き文章を書く時のポイントについて、特に初心者さん向けにお伝えします。

 

1.ブログの記事を書く時「誰」に向けて書いていますか

 

ブログを書き始めたあなた。

そのブログは「誰」に向けて書いていますか。

 

「ブログって訪問してくれた人、読んでくれた人に向けて書くのではないの?」という声が聞こえてきそうです。

 

確かに、ブログはあなたのブログを訪問してくれた方、

今、あなたのブログを読んでくれている方、いわゆる、読者さんに向けて書いています。

 

「あなたのブログ読者さんに向けて書く」は、結果としてです。

 

あなたがスマホやPCに向かって、記事を書いているとき、まだ、読者さんはいません。

まだいない人に向かって、ブログの記事を書くことは難しくありませんか?

 

では、「誰」に向けてブログの記事を書けばよいのか?

 

私は自分の記事を書くとき、必ずたった一人の人を想定して書いています。

記事を書く時に想定するたった一人の人。

私は「少し前のわたし」に向かって、私のブログの記事を書いています。

 

2.私自身はブログを「少し前の私」に向けて書いています

私は、「少し前の私」に向けてブログの記事を書いています。

私のブログはこころのことを扱った記事を多く書いています。

 

こころが感じる不安について。

自分が理想とするパートナーシップに近づくためにどうすれば良いのかについて。

私自身のこころの在り方について。

人間関係、家族との関係、仕事について・・・。

 

多くの方が悩みや不安、恐れを感じることについて、

どうすれば少しでも不安を少なくすることができるのか。

どうすればパートナーシップが上手くいくようになるのか。

どうすれば人間関係、家族との関係、仕事の捉え方を良くすることができるのか。

 

どうすれば人生が好転し、生きることが嬉しく、楽しくなるのか。

私自身が考えたり、体験したりしたことを基に知恵をシェアさせていただいています。

「どうすれば人生が好転するのか?」は少し前の私自身が悩んでいたことです。

 

私自身が考え、いろいろな方に教えてもらい、行動したことによって、

私自身の人生が良くなったことについて、ブログの記事として書いています。

 

「私自身の人生が好転したこと」は、まさに「少し前の私」に教えてあげたいこと。

 

「こうすれば、あなたの人生が良くなりますよ。」

「こうすれば、あなたの人生が幸せに向かいますよ。」と

「少し前の私」に向かって記事を書いています。

 

3.ブログ記事は「たった一人」のために書こう

せっかく情報発信をするならば、せっかくブログを書くならば、

たくさんの人に訪問してもらいたい。

たくさんの読者さんにたくさんの記事を読んで欲しい。

 

あなたのブログに対する思い入れはよくわかります。

ブログを書き始めたときの私自身も同じでした。

 

たくさんの読者さんに囲まれて、たくさんのアクセスを集めたい。

 

確かに、たくさんの読者さんとたくさんのアクセスが集まったら、

あなたは満足するかもしれません。

 

あなたは読者さんを集めるためにブログを書くのでしょうか。

あなたはアクセス数を増やすためにブログを書くのでしょうか。

 

あなたがブログを書く本当の目的は、「あなたの考えを知ってもらう」です。

 

たくさんの読者さんを集めることではなく、

たくさんのアクセスを集めることではなく、

「あなたが伝えたいことをわかりやすい文章にする」ことを目指しましょう。

 

前回の記事にも書きましたが、せっかくブログを書いても

「読み辛い文章」、「伝わらない文章」を書いても誰もあなたのブログを読みません。

 

「読みやすい文章」、「伝わる文章」、「読まれる文章」を目指すのであれば、あなたのブログは「たった一人」の人のために書きます。

 

ブログ初心者さんは、たくさんの人に読んで欲しいからと、たくさんの人をターゲットにして記事を書いてしまいます。

 

ネット上でブログを読む人は、毎日何万、何十万という膨大な人の数です。

何万、何十万という人は、それぞれ年齢、性別、職業、学歴、考え方など、
人生のバックグラウンドが全く違い、ブログを読もうとする意図や目的も様々です。

 

何万人にに向かって記事を書くとしたら、内容は絞り込まれず不明確となり、
表現も統一感が生まれず、結局何が言いたいのかわからない文章になります。
何が言いたいのかわからない文章は、誰からも読まれることなく、ネット上に置き去りにされていきます。

 

あなたのブログは、あなた自身が「こういう人に読んで欲しい」と
あなた自身が心から願う「たった一人」の人に向けて心を込めて書きましょう。

 

「たった一人」の人に向けて書くのであれば、内容が絞り込まれ、表現も統一され、
「伝わる」、「読みやすい」、「読まれる」文章、ブログになります。

 

4.ブログは子どもや植物と同じ 時間をかけて心をこめて育てる

あなたのブログは、あなたの子どもさんや、大切にしている植物、ペットと同じです。

子育てや栽培、育てることは、慣れないうちは思ったとおりにならず、上手くいかないこともたくさんあります。

思いどおりにならず、上手くいかなくても、子育てや面倒をみることを止めてしまう人はいません。

 

諦めず、時間をかけて、ゆっくりととりくむはずです。

 

あなたのブログも同じです。
諦めないで、時間をかけて、ゆっくりととりくみましょう。

 

諦めずに書き続け、更新し続けると、ある日振り返ったとき、
とても素敵なブログがあなたの目の前に現れます。

ブログが出来上がる過程を楽しみながら更新を続けてみてください。

あなたの素敵なブログをいつか私にも読ませてくださいね。

楽しみに待っています。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。