「幸せになりたいな・・・。」

誰でも幸せになること、幸せな人生を送ることを望んでいます。

 

あなたも今までの人生の中で1度は望んだことがあるでしょう。

 

 

幸せになりたい。

 

自分の幸せを望む一方で、いつも幸せそうにしている人、あなたの周りにもいませんか。

 

 

いつも朗らかで楽しそうで嬉しそう。

「あの人はいつも幸せそうだな。」と見ていて思える人がいます。

いつも幸せを望んでいる人といつも幸せそうにしている人。

 

 

「幸せを望む人と既に幸せな人。一体何が違うのだろう。」

幸せそうな人を観察していて、いくつかの共通点があることに気が付きました。

今回は私が気付いたことをシェアします。

 

1.今既に自分が充分あることに気が付いている

幸せな人は、今既に自分が充分であることに気が付いています。

このブログを読んでいるあなたは、パソコンやスマートフォンを持っていて、

デバイスを使いこなす能力があって、ネットに繋げる環境がある。

言葉が読めて、理解することができて、書いていることを考える能力がある。

 

他にもあなたはたくさんのモノ、ヒト、コトに囲まれています。

 

あなたはもう既に「充分」なのです。

 

幸せな人は自分が今既に充分であることに気がついています。

自分が充分であることに気が付き、自分が充分であることを謳歌しています。

 

あなたも今既に自分が充分であることに気が付きましょう。

充分であることに気が付いた人から幸せになっていきます。

 

2.「自分に有るもの」 「自分ができること」にフォーカスしている

私たちは親元や学校の教育、一般常識や習慣などによって、

「自分に不足していること」、「自分ができないこと」にフォーカスしてしまいます。

 

私たちは「自分に不足していること」、「自分ができないこと」ばかりにフォーカスし、

不足していることを補おうとしたり、

できないことをできるようになろうと頑張ったり努力したりします。

 

あなたに不足していること、あなたができないことは、一体どのくらいあるというのでしょうか。

 

あなたに不足していること、あなたができないことは、

あなたが持っているもの、あなたができるようになったことに比べれば、

取るに足りないくらい少ないのです。

 

幸せな人は、自分に不足していること、自分ができないことにフォーカスするのではなく、

自分が今持っているもの、自分が既にできることにフォーカスし、

持っているもの、できることを感謝し、活かすことを工夫しています。

 

3.言葉や口ぐせの力を知っている

幸せそうな人は、いつも楽しそうにしていてり、嬉しそうにしていたりしませんか。

 

笑顔が多かったり、雰囲気が良かったりということもありますが、

幸せそうな人は、、

嬉しい、楽しい、ありがとう、やったー!、ツイている、良くなってきているとか、

「今が良い、これからもっと良くなる」と言う言葉を使っています。

 

幸せな人は、自分が発する言葉や口ぐせの威力を知って、使いこなしています。

 

今が良い、これからも良いと、思える言葉を発することにより、

良い状態が続き、これから先ももっと良くなっていきます。

 

「言葉の力」は迷信や思い込みではなく、科学的にも実証されている力です。

 

 

あなたは毎日、どんな言葉を使っていますか。

あなたは毎日、どんな言葉を使うか意識していますか。

 

「自分の言葉は、自分が発しているのだから、意識していて当然。」というあなた、

朝から今まで使った言葉を書き出してみてください。

 

ほとんどの人が、忘れてしまっています。

ほとんどの人は、自分が発することばを無意識に選択しています。

 

気にしたことがない人は、ぜひ、今から、気にしてみてください。

あなたが発する言葉が変われば、あなたの毎日が変わっていきます。

 

4.思考ではなく感覚を大切にしている

あなたは何かを選択したり、何か行動したりするとき、

何を基準に選択していますか。

 

幸せな人は、「感情」を基準に選択し、

「思考」を基準に最善のやり方を選択します。

 

私たちは既に自分の中に「答え」を持っています。

 

何をしたいのか、どこに行きたいのか、誰といたいのか。

全部答えを持っています。

 

答えを私たちに教えてくれるのは「感情」です。

 

あなたは何が好きで、何が嫌いなのか。

あなたは何がしたくて、何をしたくないのか。

 

頭で考えた思考を優先するのではなく、心で感じた感情を優先しましょう。

 

感情を基準に選択していくと、自ずとあなたの人生はあなたが望む方向、

あなたが幸せになる方向に進んでいきます。

 

5.自分が幸せであることを信じている

前提としてあなたの幸せは

誰かと比べたり、

誰かと競ったり、

誰かに決めてもらったりするものではありません。

 

「あなたが幸せかどうか」は、瞬間、瞬間で、あなた自身が決めることです。

 

幸せな人は、「自分が幸せ」であることを疑いません。

幸せな人は、「自分が幸せ」であることを心から信じています。

 

誰に憚ることなく、誰に遠慮することなく、

あなたはあなたが既に「幸せである」と決めてよいのです。

 

あなたが「自分は既に幸せ」と決めた瞬間から、あなたは幸せになっていきます。

********************************************************************

あなたが幸せか、幸せでないかは、あなたの心が決めることです。

 

あなたの見方、あなたの捉え方、あなたの考え方。

あなたはいくらでも幸せにも、不幸にもなれます。

 

全てはあなた次第。

 

 

今日、今から、捉え方を変えて、考え方を変えて、言葉を変えて、

幸せであることに気が付きましょう。

 

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

いつもあなたを応援しています。