今日はあなたの幸せのお話。

 

インスタグラムで見かけるあの人は旦那さんと仲良くて、子どもが二人いて幸せそう。

仕事を辞めた前の同僚は理想の仕事について、年収が1,800万円になっていて幸せそう。

ブログをよく見るあの人は、毎月、海外旅行に行って、ストレスフリーで幸せそう。

 

 

私たちは、毎日、オンラインであれオフラインであれ、目や耳からたくさんの情報を得ています。その中には、あなたではない他人のパーソナルな情報も含まれています。

 

他人のパーソナルな情報を見て、単純に「いいな、楽しそうだな。」と思うときもあれば、「この人、また、旅行に行ってきたみたい。何だか羨ましいな。」と羨望や嫉妬の気持ちを持つこともあります。

 

 

私たちは、学校や親元の教育によって、気がつかないうちに他人と自分を比較することを覚え、常に他人と競い、勝ち負けを争い、優劣を付け、善悪を判断することに慣れてしまっています。

 

 

誰かよりも優れていたい、誰かよりも自分は劣っている。あの人には負けたくない。私はあの人よりも幸せになれない。

 

 

勝ち負け、善悪、優劣、上下。

 

 

私たちは、比較と競争の世界の中で、優越感や劣等感を感じて、喜んだり、落ち込んだりを繰り返しています。

 

 

誰かよりも上だから、嬉しい、誰かよりも下だから、落ち込む。

 

 

私たちは、喜んだり、落ち込んだり、嬉しかったり、寂しかったり、感情を感じる生き物です。喜怒哀楽を感じて過ごすことは、人間にだけ与えられた素晴らしいことです。

 

あなたは、無理やり自分の感情を押し込めたり、感じないようにしたり、無かったことにする必要はなくて、あなたは自分の自由に、感じたいように、あなたの感情を感じればよいのです。

 

 

ですが、感情につられて出てきてしまう、誰かに対する羨ましさや妬み、嫉み、すねる気持ち。

羨望、嫉妬、不平、不満、被害妄想は、あなたからあなた本来の感情を奪います。本来の感情を奪われたあなたは、幸せも喜び、自分の好きや嫌い、願望や叶えたいことがわからなくなってしまいます。

 

 

あなたは、他の誰とも自分自身を比較する必要はありません。

競争、損得、上下、勝負、優劣。

誰に対してもあなたは、引け目や負い目を感じる必要はないのです。

 

 

誰とも比べることなく、誰とも競うことなく、誰とも争うことなく、あなたは、あなたの幸せを感じてよいですし、あなたの幸せはあなた自身が決めることができます。

逆に、あなたがあなた自身に幸せを感じなければ、あなたは人生の中で幸せを感じることはありませんし、あなた自身が自分の幸せを決めなければ、あなたの人生であなたは幸せになりません。

 

誰も、あなたの人生の幸せを感じてくれません、

誰も、あなたの人生を幸せで満たしてくれません、

誰も、あなたの人生で幸せを決めてくれません。

 

 

あなたが自分で感じて、あなたが自分で満たして、あなたが自分で決めるしかないのです。

 

 

あなた自身で幸せを感じ、あなた自身で幸せを創り出し、あなた自身が「自分は幸せだ」と決めてくたさい。

 

決めた瞬間から、あなたの豊かな人生が始まります。

 

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

いつもあなたを応援しています。