今日は自分らしさのお話。

 

自分らしいを大切にする。

ありのままの自分で生きる。

自分なりの生き方。

 

自分らしい、ありのままの自分、自分なりの。

いろいろな言われ方をしていますが、根本は同じですよね。

でも、自分らしさって一体何なのでしょうか?

私は最近、自分らしさって「金曜日の帰りの電車の中の自分」かなって思っています。

 

余計にわかりにくくなりましたね。

 

私の場合、土曜日と日曜日が週休日なので金曜日が週の最後の勤務日です。

月曜日から1週間働くと、

その間に自分の心が傷ついたり、

身体が疲れたり、

ガッカリしたり、ションボリしたり・・・いろいろなことが起きますよね。

 

私は、金曜日の夜に「今日で1週間、終わった・・・。」と思いながら帰りの電車に乗っていると、

その1週間のいろいろな出来事を思い出します。

 

上司に怒られたな・・・ガッカリ。

隣に座っている同僚に厳しいことを言われちゃったな・・・ムカツク!

会議の資料、印刷失敗しちゃったな・・・ションボリ。

忙しかったたら疲れたな・・・ふー。

 

それなりに楽しかったことや、充実感を感じたこともありますが、

ガッカリしたこと、ムカついたこと、自分が嫌になってしまったこと。

いろいろなことが電車の中で思い出されます。

 

思い出して、悪態をついたり、悪口を言ったり、自分よりもよくできる人を僻んでみたり、

ちゃんとできない自分で拗ねてみたり・・・。

ポジティブな自分もネガティブな自分も、いろいろな自分が出てきます。

 

いろいろな自分が出てきますが、電車が自分の駅に着くころには

「いろんなことあったけど、1週間終わったし、週末休んで月曜日からまた頑張ろう!!」って気持ちになって電車を降ります。

 

私は、自分らしさってこういうことかなと思うのです。

 

人間はいつも同じ精神状態ではありません。

いつも平常心で朗らかに居られたら、良いと思いますが、

私たち人間はロボットではありません。感情を感じて揺れ動くことがたくさんあります。

 

 

嬉しくて、浮かれて、幸福に浸っていることもありますし、

嫌になったり、怒ることもありますし、

自分が嫌いになることもあります。

 

いじけて、拗ねて、僻んで、意固地になっていることもあります。

むしろ、それが普通の人だと思います。

 

 

たくさんの感情が混沌として入り混じって、自分でもよくわからない・・・

この時が自分らしさが出ていると思うのです。

 

 

自分らしさってちゃんとしている自分だけではないです。

 

嫌いな自分、いじけている自分、素直になれない自分。

いろいろな自分が自分の中にあると思います。

良い自分も悪い自分も否定しない、なかったことにしない、嫌いにならない。

肯定して、自分の感情を感じ切って、混沌とした自分も良しとして認める。

 

 

「肯定して、自分の感情を感じ切って、混沌とした自分も良しとして認める」とき

自分らしさが出ているなぁ、って私は感じています。

 

自分のダメなところの方が多いけど、それもまた自分。

なかったことにしないで、ダメ出しをしないで、感じて、認めて、同意してあげる。

 

 

ダメだって良いのです。

みっともなくても良いのです。

キレイなところばかりでなくて良いのです。

ダメも、みっともないも全部が大切な自分の一部。

ダメでみっともない部分がなければあなたではないのです。

 

 

金曜日の電車の中みたいに嫌な部分も認めて受け入れて、

新しい時間を生きていく。

 

それが、自分らしさ。

 

こうやって自分を取り戻しながら、わたしは毎日生きています。

 

あなたの自分らしさは何ですか?

いつあなたは自分らしさが出ていますか?

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いつもあなたを応援しています。